春の漢方養生

 

 

春は、自然界の「陽気の上昇」に伴い、

「全てのものが冬眠から目覚めて動き出す季節」です。

 

 

柔らかな新芽

花が咲き乱れ

虫達も活動を開始

 

 

人も自然界と調和して、ストレスを上手くコントロールして、

伸びやかに過ごすのが理想です。 

 

大分市 みつか漢方養生堂 春の漢方養生

 

 

春は、卒業や入学、転勤などで新生活をスタートされる方も多いことでしょう。

昼夜では気温変化がかなり激しく、自律神経のバランスが乱れやすい季節です。

 

 

大分市 みつか漢方養生堂 自律神経の乱れ 春の養生

 

 

【 春に多い症状 】 

□ イライラ・怒りっぽい

□ 不安、うつうつ

□ 便秘・下痢

□ 胃腸症状(胃痛・胃炎・胃潰瘍・食欲不振・胃腸膨満感)

□ ゲップやガスが多い・脇腹が痛い

□ 目の症状(視力低下・ドライアイ・かすみ目・涙目)

□ 不眠・動悸

 

 

 

そう言えば…

春になると毎年この症状が出てくる…!

 

なんていう事はありませんか…?

 

大分市 みつか漢方養生堂 春の漢方養生 菜の花

 

 

春をすこやかに過ごすためには、「肝」の養生 がカギとなります。

中医学からみる「肝」とは…

 

●血の貯蔵庫

●解毒をする

●情緒の安定を司る

●自律神経のバランスを保つ

 

 

この「肝」の働きが低下すると…?

「脾(脾臓・胃腸)」にも影響を与えて、胃腸症状も出てきてしまいます。

 

大分市 みつか漢方養生堂 春の養生 女子傷春 男子悲秋

 

 

「女子傷春、男子悲秋」

中国の言葉で ゛女性は春に憂うつになりやすい ” と言われています。

イライラしても欝々しても、それは性格のせいではなく、

体の中で起こっている変化かもしれません。

 

 

【 春を快適に過ごせる漢方 】

●逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

●心脾顆粒(しんぴかりゅう)

●杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

●温胆湯(うんたんとう)

●シベリア人参 

 

などなど… 他にも色々ございます。

 

 

「飲んだ翌日に気分が全然違った!」

なんていうお声は意外に多いものです。 

自分のタイプに合った漢方養生で、気分や体調を上手くコントロールできるといいですね。 

 


 

 

【 肝を養生する食材 】

 

● 香りの食材で気の巡りを良くする

 (柑橘類・春菊・セロリ・パセリ・ハーブ類・陳皮など)

● 血を作る食材で「肝」に血液貯金

 (ほうれん草・レバー・卵・豚肉・牡蠣・人参・棗など) 

 

 

大分市 みつか漢方養生堂 春の食養生 春菊

 

 

年齢・生活環境・体質・出やすい症状 …

錠剤・顆粒・液体など…

色々な角度から、それぞれのお客様に合うベストな漢方をご提案致します。 

 

 

みつか漢方養生堂では、漢方の試飲ができます。

今つらい症状の改善はもちろん、季節に合わせた漢方養生もご予算の中でご提案しています。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

漢方養生で、春もお元気でお過ごしいただけますように!

 

 


 

<< ブログ を読んでみる

 

<< TOPページ へ戻る