· 

板藍のど飴で風邪対策

 

 

空気が乾燥してきましたね。

朝起きると喉がイガイガ… なんてことはありませんか…?

 

そんな時は、早めに「板藍のど飴」を舐めると喉がスッキリします。

漢方生薬が練り込まれた飴ですが、味はレモン風味でお子様にも人気です。

 

大分市 みつか漢方養生堂 パンダーマーク イスクラ板藍のど飴

 

人混みに出かける時は、「板飴のど飴」を舐めておくと風邪をひきにくいと評判です。

 

飴が苦手な方には、お茶タイプの「板藍茶」を。

お湯にサッと溶けて飲みやすく "香ばしい味が好き” というお客様もいらっしゃいます。

お子様の水筒に持たせている方も。

 

ちなみに…

生薬の量としては、「飴2粒=お茶1包」です。

 

大分市 みつか漢方養生堂 板藍茶 ばんらんちゃ

 

板藍(ばんらん)は、アブラナ科の植物ホソバタイセイ。

生薬に用いられるのは「根」の部分です。

 

日本では、美しい藍色の天然染料として用いられています。

昔々は、虫刺されなどに対する 解毒 や 消炎 にも日常的に役立ってきたそうです。

 

大分市 みつか漢方養生堂 風邪予防

 

今日、いつもご来店くださるお客様にシャープのマスクを分けていただきました。

あのマスク不足の頃に早々に当選され、今まで大切に保管されていたとの事。

白さ際立つ美しいマスク、ありがとうございます。

 

大分市 みつか漢方養生堂 シャープマスク

 

今年はマスク着用で、喉の乾燥感は少ないように感じます。

毎年風邪をひきやすいという方は、是非一度「板藍のど飴・板藍茶」もお試しくださいね。

(※各種サイズ揃えております)

 


 

<< 前の記事 へ   次の記事 へ >>

 

<< ブログTOP

 

<< TOPページ へ戻る